相撲部屋の常食として有名なちゃんこ鍋。ブレンド出汁で深みのあるスープに仕上げたら、究極の鍋が出来上がります。

 
昆布や椎茸でとった出汁に、カツオ節とサバ節を合わせて基本出汁にします。牛のハラミや鶏ガラ・野菜を加えてじっくり煮込めば、素材エキスたっぷりのベースが出来上がります。


◯定番具材
豚肉、鶏肉、白菜、ニラ、生椎茸、しめじ、えのき茸など
◯鍋地
昆布、生椎茸、カツオ節、サバ節、牛ハラミ、鶏ガラ、タマネギ、人参、白味噌、みりん、おろし生姜、おろしニンニク
 
  1. 昆布と椎茸は前日から水につけておく。翌日、火にかけ約45分沸騰させて取り出す。カツオ節とサバ節をざるに入れ、3回出汁をくぐらせる。
  2. 牛ハラミを加える。
  3. 鶏ガラを加え、約1時間30分煮込む。
  4. ざく切りにしたタマネギ、人参、椎茸を入れ、さらに約2時間30分煮込む。
  5 .出汁の材料を残さず取り除く。再びカツオ節とサバ節をスープにくぐらせる。
  6. 白味噌をスープでよく溶き伸ばし、鍋に入れる。
  7. みりんで味を調え、おろし生姜とニンニクを加える。
  8. 具材は食べやすい大きさに切り、きのこは石突きを取り、油抜きしておく。スープに鶏肉、豚肉を入れ、煮えたら他の材料を加えて煮る。

 
  Copyright nakayashokuhin All rights reserved.