うどんや具材と一緒にスープまで愉しむうどん鋤鍋。ブレンド出汁で少し濃いめのスープに仕上げて、名店の味に近づけよう。

 
うどんは煮込んでもシコシコの食感を失わない太めでコシのあるタイプを選ぶ。旬の素材も大切ですが、何と言ってもコクと深みのある出汁スープの存在感が決めてとなります。


◯定番具材
鯛、鮭、車エビ、サワラ、カワハギの肝、焼き穴子、ホタテ貝、ハマグリ、豚肉、白菜、春菊、インゲン、長ネギ、エノキ茸、エリンギ、松茸、人参、大根、銀杏、生湯葉、うどん
◯鍋地
カツオ節、ウルメイワシ節、サバ節、ムロアジ節、メジカ節、昆布、煮干し、鶏スープ、淡口醤油、酒、みりん、塩、砂糖
 
  1. 煮干しは一晩水につけてこし、鍋に昆布とともに加えて鍋にかける。
  2. 昆布に泡がついてきたら取りだし、カツオ節などの削り節を加えて火を止める。表面のアクを丁寧に除き、削り節が鍋で落ち着いたらこします。残った削り節は絞りません。
  3. 鶏スープを入れ、酒、みりん、醤油を順に加える。塩、砂糖で調味する。
  4. 魚介や白菜は霜降りなどの下処理をして、他の材料とともに食べやすい大きさに切る。きのこは石突きをとっておく。
  5 .鍋に鍋地を注ぎ、魚介や肉、火の通りにくい野菜を入れる。
  6. うどんを加えて旨みを染み込ませたら、最後に火の通りやすい春菊などの野菜をさっと煮ます。

 
  Copyright nakayashokuhin All rights reserved.