荒本節は金沢の一流料亭で愛用されている逸品。素材の味と色をそこなわずに、豊穣な香りとほのかな風味を醸し出します。
 
関東はかび付き、関西はかびなしが好まれるといいます。本枯節は、かびの作用による上品な旨みと濃厚な香りが特徴。

血合いとは魚の身の中央にある血の気の多い部分。血合いを取り除いた節からは透き通るような美しいだしがとれます。クセがなくさっぱりとした風味。
 
メジカ節、サバ節、ムロアジ節を混合し、その名の通り、花びらのようにふわりと削り上げた極上品。素材の味が絡まりあって生まれる絶妙の風味。

サバ、ムロアジ、ウルメイワシ、宗田鰹、荒本節を厚削りにして、それぞれの素材の良さがが引き立つよう配合を吟味しました。
 
中屋の宗田節は、土佐清水産の極上の節を肉厚に削り上げた逸品。じっくりと煮出すことで濃厚なだしがとれます。

ムロアジ、サバ、ウルメイワシを厚削りにして絶妙の配合でブレンド。コク、香りともに優れた一級品です。
   


Copyright nakayashokuhin All rights reserved.